FC2ブログ

記事一覧

車坂峠へ

信州サイクリングのことをもう少し詳しく書いときます。
 
同行したのは嫁さんと中学2年生の息子と小学6年生の娘で
それぞれMTB、ロード、MTBで行くことにしました。
早朝に出るつもりで居たのですが、なんやかんやで出発が遅くなってしもて、
9時前位に小諸から走り出しました。
なんやかんやのうちの一つに出発前に僕の乗るMTBのスポークの根元のニップルが
千切れているのを発見してしまったのです。
普段は通勤に毎日使っていたので大丈夫だったのにクルマから降ろそうとしたら
折れていて「あっちゃ~!!」って感じでした。
行くコースがコースでしたので、(結構標高が高く、ダートも有ります)
行くのをやんぺして もっと他の軽いコースに変更しようかとも思いましたが
せっかく信州まで来てもったいないと思い、
だましだまし行く事にしました。
実は30年ほど昔、僕がまだ独身の頃に単独で同じコースを走った事がありまして、
その時は軽井沢から走り軽井沢に戻ったのですが、ずっと一日中雨で、
峠や高峰高原などでからはナーンも見えなかったのと、
その当時は自分の中で「コマクサ峠」という認識がなく、たんに湯の丸高峰林道のピークとしか
思っていなかったので、もういちどちゃんと2000メートル越えの峠を走ってみたくなったのです。
小学校の女の子に2000mの峠?ってお思いの方も居られると思いますが、
実際に行ってみると本人は全くケロっとして元気そのものでしたので
大人が思っている以上に子供って頑張れるものなんやなぁと思いました。
息子の方は日ごろから学校のクラブ活動で運動しているので体力的には大丈夫ですが
嫁さんが今回はかなりしんどかったみたいです。
昔は色んな えげつない林道や峠に一緒に行っていたのですが
数年間のブランクで体力も根性も無くなってしまった様です。

車坂峠へはチェリーパークラインと言うかわいらしい名前の道路を登って行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
登りはじめてしばらく行くと、ランドナーに乗った男性に会いました。
ランドナー好きの僕は嬉しくなって話しかけるとなんと、なんと、
南斗水鳥拳! その自転車はグランボアやおませんか!
グランボア言うたら京都のアイズサイクルさんのとこの
ものごっつぅええ自転車です。
信州の峠道でええ自転車を見る事がでけて、めっちゃ嬉しくなりました。

はじめのうちは ちゃんと自転車をこいでいた嫁さんでしたが
だんだん疲れてきて途中からはほとんど押していく様になってしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところどころで各自それぞれ自転車を交換して乗り換えて遊びました。
サイズ的にみんながみんなの自転車に乗れるんです。
でも嫁さんはどの自転車でも押しの一手でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中抜いていったMTBの男性に励まされ、しばらく行き休憩していると
MTBの女性が登ってきました。先ほどの男性がご主人さんだそうで
ご夫婦で走っておられたのです。乗鞍岳の大会に出られるとの事で
我々とは次元が違いすぎでした。

所々に高峰高原まであと何kmと書かれた標識や、
車坂峠まであと何kmと刻まれた俳句が書かれた石碑が有って
励みになりました。
途中、ロードに乗った方にも励まされ
もくもくと押して進んで行きました。
 
 
 
 
 
 
ええかげんたくさん登って展望が開けてきて
小諸や佐久方面の下界が見渡せるようになってきますと
だんだんと峠も近づいて来ました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先ほどのロードの人がもう下って来られました。速すぎです。
はるか前方、見上げる角度に峠の高峰高原ホテルの建物が見えます。
峠の場所を確認できたのでなんとなく安心です。
「まだあんなに遠いのかぁ。」って言うのんと、
「もうあとあんだけで着く。」というのは人それぞれでしょうけど
ぜんぜん分からないで登っていくよりはホッとするんではないでしょうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先ほどのMTBのご夫婦も降りて来られ、励まして下さいました。ありがとおおお。
それからもう少し登って行くととうとう車坂峠に着きました。
ごご2時を少しまわった時刻でした。
結局平均時速3km程で約5時間かかった感じになります。
おそっ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいすけ

Author:だいすけ
軟弱へたれな自転車好きです。
旧いウールやニットのサイクルジャージが好きで
クロモリのロードやランドナーなど
ちょっち古い自転車でサイクリングしています。

ブログランキング

すんません。 クリックしてうっとこのブログを応援しといたって下さい。m(__)m

訪問者カウンター