FC2ブログ

記事一覧

オールランダーバーをワンゲルに着けました

お正月の新春サイクルミーティングのときに
小6の娘をロイヤルノートン・ランドナーに乗せてみたら
足は地面に着かなかったのですがペダルには届いて
とりあえずはランドナーにも乗れるということが分かりました。
 
それで今日、いっぺんワンダーフォーゲルの黄色のランドナーに
乗せてみようと思ってサドルの高さをいちばんペッタンコにして
走ってもらいました。
やはりロイヤルノートンと同じで足は着かないけどペダルは漕げる
という調子でした。
 
背がやはり足りないのとブレーキが握りにくいと言ってました。
ブレーキレバーはボクでも握りにくいと前から思っていた、
外国製のユニバーサル61と言うレバーとドロップハンドルの間隔が
がばっと開いた形をしてまして、握りにくいのも当然なことでした。
 
それならば、そのブレーキレバーは使わず、
って言うより
ドロップハンドルそのものをやんぺして、
フラットなハンドル、すなわちオールランダーバーに
変えてしまったらええのとちゃうかーって思いまして、
ワンゲルランドナーの小改造に着手したのでありました。
 
まず、近くの自転車屋さんでブレーキワイヤーを買ってきて、
それからついでにフロントキャリアが
ええかげんな着け方しかしていなかったので
とっぱらってしまって、
ホンジョの亀甲型のドロヨケを
タカハシ製の平たい形に戻してしまいました。
倉庫から
以前使っていたグランコンペのステムとハンドルと
ブレーキレバーがセットで組んであるやつを
持って来て、そしてフレームに固定しようとして愕然としました。
なぜか、ステムの引き上げ棒と、ウスの部分が無いのです!
「あれ~?!何で無いんやろ!?」
どない考えても思い出せません。いったい何処へ行ったのでしょう?
ここから悪戦苦闘が始まります。
倉庫をごちゃごちゃ探したら、もう一本別のステムが出てきました。
SRの栄輪業の思いっきり安モンのステムです。
しかもアーレンキーとちごて 単なる六角ボルトで締める不細工なステムです(笑。
まあでも組んであったグランコンペのステムは突き出しがかなり長く、
強烈な前傾姿勢になってしまうので、この短いステムの方が
微妙に乗りやすくなる様に思いました。
(つづく)

 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいすけ

Author:だいすけ
軟弱へたれな自転車好きです。
旧いウールやニットのサイクルジャージが好きで
クロモリのロードやランドナーなど
ちょっち古い自転車でサイクリングしています。
2016年に胃がんが見つかりました。
ステージ3の進行がんでしたが
手術と抗がん剤治療をしてもろたおかげで
なんとか今も生きています。
体力は無くなりましたが
自転車に乗れるうちはできるだけ
サイクリングをして楽しもうと思っています。

ブログランキング

すんません。 クリックしてうっとこのブログを応援しといたって下さい。m(__)m

訪問者カウンター